【重要】新型コロナウイルス感染症に関するご協力のお願い 改定

埼玉県発達障害者支援センターまほろば

日本国内における新型コロナウイルスの感染症の発生を受けまして、感染症予防対策を実施するとともに、来所相談をご希望される皆様におかれましても下記のご協力のお願いを申し上げます。

1 来所相談にお越しいただく前に

体調がすぐれない場合は、下記を目安としてご無理のないご判断をお願いいたします。

A)息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある

B)重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある

※糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方

C)上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く

体調に不安がなくとも、ご高齢者・基礎疾患(糖尿病・心不全・呼吸器疾患等)をお持ちの方はご判断をお願いいたします。

上記に該当される場合は、来所相談の日程の変更をご検討いただき、改めて予約変更のご連絡を当センターまでお願いいたします。

2その他の相談方法について

センターでは来所相談以外に電話やメールでのご相談も承っております。

相談内容に応じて電話やメールもご利用ください。

電話:049-239-3553 または 049-239-3554    

(月~金9:00~12:00/13:00~17:00) *土日祝休み  

※お電話がつながらない場合には、大変お手数ですが少しお時間をあけてから

再度、おかけ直しください。


メール:トップページにある【メールでの問い合わせ・ご相談】をご利用ください。

令和2年5月14日 

124回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

専門研修4 ~発達障害者支援の充実に向けて~  アセスメント技術を高める

支援の現場において、対象の方のアセスメントは何よりも大事なことだと考えます。 講師の近藤先生は、医療・保健、福祉領域のアセスメントについて「『一つ一つの情報を 支援者が解釈し、組み立て、生じている問題のなりたちを構成し(まとめ上げ)、支援課題を抽出すること』あるいは『その人がどんな人で、どんな支援を必要としているのかを明らかにすること』が必要」としています。 今回の研修会では、アセスメントの基本と

【動画配信】 動画で学ぶ発達障害

発達障害総合支援センターが作成した発達障害についての動画についてのご案内です。 ★動画で学ぶ発達障害 (埼玉県発達障害総合支援センターへのリンク) 動画で学ぶ発達障害 発達障害に関わる基本的な知識や医療、福祉、保健 等について、県公式動画アカウント 「サイタマどうが」(YouTube) で動画配信しています。 ※視聴にかかる通信料等は、視聴される方の負担になりますので、御了承ください。 動画一覧

専門研修1 「発 達 障 害 の 理 解」~ 障害特性を知り支援に生かす ~

発達障害者支援では、障害特性を理解した上で支援を行うことが求められます。 今回の研修では、発達障害者支援の基本となる障害特性を改めて整理し、理解を深める ことを目標として開催いたします。発達障害者支援に携わるうえで必要な視点を医師のお 立場から教えていただきます。 特性を考慮した支援に繋がるよう、皆様とともに情報を共有していきたいと思います。 【日 時】  令和3年9月29日(水) 13:30~