【重要】新型コロナウイルス感染症に関するご協力のお願い

最終更新: 2020年4月10日

日本国内における新型コロナウイルスの感染症の発生を受けまして、感染症予防対策を実施するとともに、来所相談をご希望される皆様におかれましても下記のご協力のお願いを申し上げます。


1 来所相談にお越しいただく前に

体調がすぐれない場合は、下記を目安としてご無理のないご判断をお願いいたします。

A)風邪のような症状がある方

B)37.5度以上の発熱がある方、および発熱が数日間続いている方

C)だるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方

体調に不安がなくとも、ご高齢者・基礎疾患(糖尿病・心不全・呼吸器疾患等)をお持ちの方はご判断をお願いいたします。

上記に該当される場合は、来所相談の日程の変更をご検討いただき、改めて予約変更のご連絡を当センターまでお願いいたします。


2その他の相談方法について

センターでは来所相談以外に電話やメールでのご相談も承っております。

相談内容に応じて電話やメールもご利用ください。


電話:049-239-3553 または 049-239-3554    (月~金9:00~12:00/13:00~17:00) *土日祝休み     ※お電話がつながらない場合には、大変お手数ですが少しお時間をあけてから

     再度、おかけ直しください。


メール:トップページにある【メールでの問い合わせ・ご相談】をご利用ください。

                                

                                 令和2年2月27日

312回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

専門研修4 ~発達障害者支援の充実に向けて~ アセスメント技術を高める

支援の現場において、対象の方のアセスメントは大事なことだと考えます。 講師の近藤先生は、医療・保健、福祉領域のアセスメントについて「『一つ一つの情報を 支援者が解釈し、組み立て、生じている問題のなりたちを構成し(まとめ上げ)、支援課題を抽出すること』あるいは『その人がどんな人で、どんな支援を必要としているのかを明らかにすること』が必要」としています。 今回の研修会では、アセスメントの基本となる考え

【動画配信】発達障害の概要について 埼玉県発達障害総合支援センター

発達障害総合支援センターが作成した発達障害についての動画についてのご案内です。 ★発達障害の概要についての動画配信 (埼玉県公式動画アカウント(YouTube)「サイタマどうが」へリンク) 令和2年度は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、オンラインによる研修も取り入れて実施してまいります。 講師:発達障害総合支援センター センター長 医師 市川 宏伸 第1回 初心者のための 発達障害とは何だろ

埼玉県発達障害者支援センター「まほろば」 

〒350-0813 川越市平塚新田東河原201-2 
TEL:049-239-3553 FAX:049-233-0223