専門研修3 事例検討から学ぶ自閉症(ASD) 者支援

発達障害(自閉症)のある方への支援には、その障害の特性やその方の特徴・状態に合わせた支援が求められます。

今回の研修会では、参加者の皆様が日々の支援の中で困難さを感じる事例や支援の方向性に迷われる事例を募り、その事例の検討を通しながら、自閉症者支援の在り方や方法について理解を深めます。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。


【日 時】 令和3年1月15日(金) 13:30~16:30

【研修方式】Zoomを利用したオンライン方式 

【対象者】 コ・メディカルスタッフ、保健師、教員、相談支援に携わる方、施設職員等発達障害者支援に関わる方(埼玉県内)

【定 員】 50名 

【参加費】 1000円(資料代)*受付時にお支払いください

      

      下記をクリックして頂くと開催要項へ移動します。


         令和2年度 開催要項 専門研修3    

※※申込期限前ではございますが、定員に達しましたのでお申し込みを締め切らせていただきました。たくさんのお申し込みありがとうございました。


※新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言を鑑み、集合研修からweb研修に変更させて頂きます。お申込み者様には変更に伴うご案内をメールにてお送りしております。

ご確認頂きますようお願い申し上げます。


752回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

専門研修4 ~発達障害者支援の充実に向けて~ アセスメント技術を高める

支援の現場において、対象の方のアセスメントは大事なことだと考えます。 講師の近藤先生は、医療・保健、福祉領域のアセスメントについて「『一つ一つの情報を 支援者が解釈し、組み立て、生じている問題のなりたちを構成し(まとめ上げ)、支援課題を抽出すること』あるいは『その人がどんな人で、どんな支援を必要としているのかを明らかにすること』が必要」としています。 今回の研修会では、アセスメントの基本となる考え

【動画配信】発達障害の概要について 埼玉県発達障害総合支援センター

発達障害総合支援センターが作成した発達障害についての動画についてのご案内です。 ★発達障害の概要についての動画配信 (埼玉県公式動画アカウント(YouTube)「サイタマどうが」へリンク) 令和2年度は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、オンラインによる研修も取り入れて実施してまいります。 講師:発達障害総合支援センター センター長 医師 市川 宏伸 第1回 初心者のための 発達障害とは何だろ

【研修2】発達障害と併存障害・周辺症状への理解~ くせとこだわりの理解と対応 ~

【専門研修2】 チック・トゥレット障害を含む発達障害およびその周辺にある症状や強迫スペクトラム障害など併存しやすい症状の理解を目標に研修会を開催いたします。それぞれの障害や症状を学び、日々の支援にお役立ていただければと思います。 今回の研修は新型コロナウイルス感染症対応に鑑み、オンラインで実施します。 【配信日時】 令和2年12月4日(金)13時から12月10日(木)17時まで 【配信方法】 当セ

埼玉県発達障害者支援センター「まほろば」 

〒350-0813 川越市平塚新田東河原201-2 
TEL:049-239-3553 FAX:049-233-0223